よく噛んで発信するブログ

夜食代わりのちょっとしたITニュース

急げ!パワードスーツ市場は田舎に眠っている!【まもなく“パワードスーツ元年”か 人工筋肉・モーター活用で、荷役作業を軽減】

f:id:kkkw_ny:20151203012623p:plain


"パワードスーツ元年"って響きが好きです。

 今日はITmediaさんの記事。

www.itmedia.co.jp

「2015 国際ロボット展」(12月2~5日、東京ビッグサイト)で、筋力をサポートする補助スーツを東京理科大学発のベンチャー「イノフィス」やパナソニック傘下のアクティブリンク、三菱重工業などが出展し、来場者の注目を集めている。

 これ行ってみたいんですけど、予定が合わないんですよね。。
背負うだけで、そんなにも変化があるものなんでしょうか?

イノフィスは、人工筋肉を利用した動作補助ウェア「マッスルスーツ」を出展。圧縮空気を出し入れし、ゴムとナイロン製の人工筋肉を収縮させ、重い物を持った時、腰にかかる負担を約30キロまで軽減する。標準モデルの本体重量は約8キロで、リュックサイズのように自然な感覚で着用できる。

 どの商品も30~40kgは重さをほとんど感じることなく、持ち運ぶことが出来るとのこと。
こちら、介護・流通や土木建築などをターゲットに販売やレンタルを始めるとのことですが、まさにそれらの業界が求めていた物でしょう。

ITだとどうしてもIT会社が密集する都心にマーケットが集中してしまいますが、今回の商品って、いわば逆。田舎などで多い力仕事に対して需要があるので、国内全土がマーケットになるのがデカいですよね。もちろん世界だって狙えます。

私は東北の田舎出身なので、いつかは地元でビジネスをしてみたいっていう願望もあったりするのですが、これは「おっ」と思いました。

このパワードスーツのレンタルを代理営業してもいいですし、社員自身が身に着けて安い単価で、力仕事を受け持ってもいい。

とにかく色々な方面で活躍が期待できそうです!

 

それでは