よく噛んで発信するブログ

夜食代わりのちょっとしたITニュース

フリーランスも時代は技術から低コストへ?【個人のスキルを売買「ココナラ」、5億4000万円調達 “相談のゲートウェイ”を集客拠点にマネタイズ】

f:id:kkkw_ny:20151125022555j:plain
今日はITmediaさんから。

www.itmedia.co.jp

個人の特技やスキルを売買するECプラットフォームを運営するココナラは11月24日、ジャフコ、ニッセイ・キャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、 VOYAGE VENTURESから総額5億4000万円の資金調達を行ったと発表した。マーケティング、広告に投資し、事業規模拡大に取り組む。

 ユーザーのスキルを500円から売買できるC2Cサービス。ということでワンコインサービスって言葉の響きがいいよね。ほとんどが1000円越えだとしても、最低500円からと定めてしまえば、こういったお得感満載のキャッチコピーができる。素晴らしいと思います。

さてこの「ココナラ」ってサービス、まず一通り見てびっくりしたのが「占い」ってジャンルがあってしかも結構人気ジャンルなんですね・・!
私の印象では、そんな素性もわからない個人の人に占ってもらうなんて、全然信用できない気がしますがw

coconala.com

↑公式HPを見るとやっぱり一番の押しは値段みたいですね。
占いなんてそもそも有名人だろうが、うさん臭いものには変わらない。
だったら安く見てもらうに越したことはない!ということなんでしょうか?


クラウドソーシングやこういった個人間でのやりとりで大事なのは「技術」や「信頼」だと思ってました。ネットでの依頼ならなおさらです。相手の顔も知らない訳ですし。

でも、こういったサービスで、出来る人がネットにたくさん現れた時、それより「費用」の方が重要視される。そんな傾向にもなるのかな。と感じました。

 

それでは。