よく噛んで発信するブログ

夜食代わりのちょっとしたITニュース

便利だけど、そもそもお薬手帳って使わないよね!【ドコモ、電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」を3月から提供】

f:id:kkkw_ny:20160229030239p:plain


全部保険証にまとめてくれよ!

 

どうも。2ヶ月ぶりの更新です。
本日はちょっと前の記事になるのですが、C-Netさんのコチラ。

japan.cnet.com

ドコモがお薬手帳のネットサービスを始めたという内容ですね。
おくすり手帳といったら、よく薬剤師さんと

お薬手帳は持ってますかー?」
「あ。家に置いてきちゃいました」
「はいー。ではシールだけお渡ししますので、後で貼ってくださいね^^」

なーんてやりとりを何度も繰り返してきた私にとって、非常に朗報なものであって、
おそらく私と同じ感覚を持っていた人もいるのではないでしょうか。
しかし、私はこれ正直普及しないと思います。その理由が

もうアプリをインストールすることすら面倒臭い

これに限ります。
そもそも、お薬手帳なんて医者が他の薬との適さない飲み合わせを防ぐために活用しているものであって、結果的に自分に返ってくるとは言っても、使用者本人が使用するメリットはほとんどありません。
そのような状況で、自らアプリをダウンロードして処方箋を逐一アップロードする状況は私には想像出来ませんでした。

それに、薬を求めているユーザーは高齢者に多いイメージがあるので、アプリなんて使いこなせるのか。そもそもスマホを持っているのか?なんて疑問も生まれます。

ただ、従来の紙に比べ非常に楽になったのも事実です。
QRコードで読み込むだけで済みますもんね。

・・これ、保健所のデータと一括して管理出来ないものなのでしょうか?
管轄が違いすぎて難しそうですが、"健康"に関するデータは全て保健所1枚で補いたい。というのが一般人の私の考えでした。

 

それでは。

配達業界に革新を!後は信頼をどう構築していくのか【ネット印刷のラクスルがシェアリング型の新サービス「ハコベル」】

f:id:kkkw_ny:20151210025515j:plain

流行のシェアリングですが、配達となると・・・

ということで今日はTechCrunchさん

jp.techcrunch.com

ハコベルはウェブサイトおよびスマートフォンアプリを使って、配送の予約が可能なサービス。ユーザーと、その周辺にいる配送業者のドライバーを直接マッチングする。集荷は最短1時間で、24時間365日予約申し込みが可能。

 記事に「配送版Uber」と書いてある通り、まさにUberを荷物にしたシェアリングサービスなんですが、まだちょっと不安はありますね・・w

GPSをもとに配送車両の位置情報を確認できるほか、5段階のドライバー評価制度といった機能を備える。

 とのことなんですが、それでも大事な物は任せたくないというのが正直なところ。

これって、もしドライバーが荷物を紛失した場合、どのような手続きを踏むのでしょうか?記事やHPを見ても書いてはありませんでしたが、勿論ラクスルさんもリスクマネジメントを考えているはずですので、そこら辺の情報がもっと公開されていくと安心出来そうです。

すっごい美少女が荷物預けてくれたら中身気になりますもん。
考えすぎかもしれませんが、特定のユーザーの近くに待機していればマッチングされることも容易ですしね。女性の方は特に気をつけて・・!

 

それでは

おい!アプリ課金したら店のクーポンも付いてきたぞ!!【セガ、購入成果型O2O事業でソフトバンクらと協業--Noah Passを活用した海外展開支援も】

 f:id:kkkw_ny:20151127032613j:plain

スマホゲーしてる場合じゃねえ!」
・・はたしてどうなるやら。

続きを読む